プチ断食の基本

 

断食というのは、本来1週間等の比較的長い時間をかけてデトックスをしながら行う食事制限です。食事をほとんど摂らずに水分だけにして、胃腸を休めることで宿便が排出されてデトックス効果が期待できます。また、体内を巡っていた毒素が排出されることで、体から悪い物質が抜けることで体が軽くなり調子が良くなるというような効果も期待できます。断食をすることで好転反応と言って、一時的に頭痛や下痢、吐き気などの体調不良が現れますが、毒素が体内を巡って排出される前ぶれですので、むしろ良い兆候になります。プチ断食の基本は、週末を使った週末ファスティングが主流になっています。長ければ金曜日の夜から月曜日の朝までの期間を使ってプチ断食を行います。飲食は、水や酵素ドリンクなどの水分を主体にしてお昼に具の入っていない味噌汁を飲むなど塩分を摂取するようにします。プチ断食に慣れていない人は、低血糖になりやすいので朝と昼はおかゆを少し食べるなど、工夫をしても良いでしょう。頭痛や吐き気、下痢など何かしらの好転反応が無い場合には、ダイエットにはなったとしてもデトックス効果は得られていないと考えられます。

 

⇒オルビスプチシェイクは効果がスゴイ!

ダイエット関連商品